趣味で集めた物の置き場に困って、トランクルームを借りました。

売ったり捨てるには惜しい小説や、娘とハマったアイドルのグッズなどを収納するスペースが足りなくなり、トランクルームを借りることにしました。
トランクルーム神戸おすすめと検索して業者を比較しました。
家を建てる訳にもいかず、だからと言って、二足三文で売ったり、捨てるにもいかず、ほとほと困り果てていた時に、自宅の近所にトランクルームがあることを知りました。

管理費や使用料が掛かるにしても、自宅に確保出来ない約2畳のスペースは貴重です。
借りてまで保管するにも、もう絶対振り返ることの無いであろう物は、これを機に処分し、本当に大事な物だけを選別する良いチャンスともなったと思います。

2畳で8千円以下を高いと思うか、安いと思うかは自分次第ですが、価値を説明しても分かってもらえない、娘以外の家族に嫌な顔をされるなら、安いとも思います。

出し入れも手軽だし、セキュリティ的なことも安心だし、便利なシステムです。
トランクルームの中の物のレイアウトを変更することも、気分転換になっています。

月1万円ちょっとで3畳のスペースを借りられるので、サイズアップというか、また小説やアイドルグッズが増えたらスペースを広げる計画も念頭に置いています。
思い入れのある物だし、娘と半分こなら月に5千円ちょっとなら高いとは思いません。”

楽しくも切なかった2年間

私はこれまで何人かの人とお付き合いをしてきましたが、私が喧嘩っ早いということもあり、大抵は喧嘩別れのような形で一度は別れるも、復縁するというケースが何回かありました。
ひとえに復縁と言っても、軽いものから重いものまで様々なケースがあると思います。
最近ではこんなサイトが流行っているようです。
復縁方法と体験者の声
私がこれまでした復縁の中でも一番重いケースの復縁は、暴力を振るわれた人とした復縁です。
今では別の優しい彼ができたので、その人とはもう無縁な関係になってしまったのですが、当時の私は何故かその暴力を振るう彼以外の男の人はまるで眼中にはなく、本当に魔法にでもかけられたようでした。
一度喧嘩をした時に、揉み合いの喧嘩になり、最終的に殴れれたことで顔に全治一ヵ月の怪我を負わされたのですが、彼はその後すごく反省をしたような態度をとったのです。
「ついカッとなってしまった」「本当にすまない」と、母親などの身内からは別れろと一斉に非難を受けたので、一度は別れることになったのですが、それでも私はその人のことが好きで、
その人以外の人が見えなかったので、私自ら復縁を持ちかけてしまいました。
今思うと本当にどうかしていたと思いますし、それで復縁したところで結局長くは続かず、今の彼氏に助けられるような形で暴力を振るった彼とは別れ、助けてくれた新しい彼氏と付き合うことになりました。
勿論過去に復縁して長く続いたような良かった経験もありますが、やはり一度別れを決断してしまった者同士ですから、復縁をしたところで、私は結婚どころか長く付き合うことすらも困難な人たちが殆どなのではないかなと思ってしまいました。

一時期、仕事柄(パソコン入力の仕事です)、腰痛が慢性化してしまいました。

一時期、仕事柄(パソコン入力の仕事です)、腰痛が慢性化してしまいました。
少し疲れが溜まるとすぐにひどい腰痛になってしまい、その時感じたのが「疲れは浅いうちに対処せよ!」ということでした。

どういうことか、というと、少し疲れたな・・・と思っても人ってそのままにしがち、ですよね。
私自身「まだまだ頑張れる」って我慢してしまったんです。

「もう少し疲れがひどくなってからマッサージへ行こう」、と。それが間違いでした。

実際に疲れがものすごくひどくなってから、では、一度のマッサージでは身体は軽くなりません。
ガチガチに凝っているのを強く揉んでもらったため、逆に揉み返しがきてしまいました。

それからは身体に必要なメンテナンスとして、ひどくなりすぎる前にマッサージに出かけています。
そのほうがマッサージしてもらっていても気持ちいいと感じることもできますし、
ひどい腰痛も起こりにくくなりました。

もちろん、体質とか・・・人によって異なる部分は大きいと思いますが、
疲れを溜めすぎてしまう前にマッサージしてもらうこと、軽い疲れを後に残さないことをおすすめします。
私のお気に入りのお店はこちらです。
メンズエステ横浜マッサージ

役所が休日の場合の引越し手続き

引越しで住所が変わる場合の住民登録上の手続きとしては、転出前14日以内に市役所などの窓口に転出届を提出して転出証明書をもらい、転入後14日以内に新しい住所地の窓口に証明書を持参して転入届を行うことになっています。
こうした窓口の開庁時間は、自治体ごとに条例で定められており、平日の8時30分ないし9時から17時ないし17時30分までというところが多く、土曜日・日曜日・祝日は自治体の休日とされ、原則として業務を取り扱わないというのが一般的です。
しかし、現在は住民サービスの一環として、住民課に限っては開庁時間を19時ごろまで延長していたり、土・日開庁日を設けているケースが多くみられるほか、3月・4月の引越しシーズンだけ特別開庁日を設けているようなケースもあります。届出の時間がない場合には、自治体がこうした取扱いをしているかどうか、事前に電話などで確認しておくとよいでしょう。
また、転出届については、住基カードの交付を受けているのであれば郵送またはインターネットにより付記転出届をあらかじめ提出しておけば、転出証明書がなくても新しい住所地の自治体の窓口において転入届を提出するだけで済みます。その他やむをえず窓口に行くことができない場合には、転出届を返信用封筒つきで郵送し、転出証明書の郵送による交付を受けるという方法もあります。ただし、いずれの場合も新住所地での転入届は直接自治体の窓口を訪れて行わなければなりません。